治験コーディネーター看護師求人<※人気サイトを徹底比較>

TOP >> 治験コーディネーター看護師求人のFAQ >> 治験コーディネーター看護師は体力が必要?

治験コーディネーター看護師は体力が必要?

治験コーディネーターの仕事は、看護師とはまったく違っていると言われています。特に注目されているのは、体力的な一面です。看護師の仕事は立ちっぱなしであり、とにかく動き回らなければならず、非常に体力面の負担を有すると言われています。治験コーディネーターも看護師の経験者を募集していることが多いので、体力面ではどのような負担があるのかは気になるところではないでしょうか。

治験コーディネーターという仕事は、治療行為を行うということがありません。あくまでも治験業務のサポート役になりますから、看護師として働いていた時のように治療のサポートをするというような業務はないのです。看護師の場合には、この治療行為にあたるため、体力を沢山に使うわけですが、治験コーディネーターではこれがないと言えるのです。

気持ちの面ではやる気などが高くても、年齢を重ねると、どうしても体力面での不安というものを覚えるのが、看護師という仕事ではないでしょうか。ですから、治療行為がないというだけで、体力をそこまで必要としない治験コーディネーターという仕事は、看護師の資格を活かし、長く職に就けるという素晴らしいメリットを持っているものなのです。

体力面では看護師と比べ物にならないくらいに必要がなくなるわけですが、代わりに看護師時代には必要なかったものが必要になってくるケースがあるのです。それは社会人としてのビジネスマナーであったり、コミュニケーション能力というものです。治験に参加をしてくれる患者さんはもちろんのこと、普段は医療に関係しない生活を送っている人間と、多くの時間を共有することになるのです。

こういった場合には、看護師という感覚ではなく、しっかりと謙った態度を持って、それぞれの人間とコミュニケーションをとっていかなければならないのです。病院の場合には、診てもらっているという感覚があるものの、治験業務においては、逆に治験に協力して上げているという視点に患者さんはたっていますから、この違いというものを明確に把握するようにしましょうね。

看護師からの転職者が多い、治験コーディネーターという職業ですから、こういった意識の違いというものをしっかりと頭に入れ、転職の際には、頭に入れておくようにしましょう。こういったアドバイスは、転職支援サービスサイトに登録することで、より的確なアドバイスを受けることができますから、登録をしておくとかなり転職には有効に働くことでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 治験コーディネーター看護師求人<※人気サイトを徹底比較> All Rights Reserved.