治験コーディネーター看護師求人<※人気サイトを徹底比較>

TOP >> 治験コーディネーター看護師求人のFAQ >> 治験コーディネーター看護師の精神的負担は?

治験コーディネーター看護師の精神的負担は?

治験コーディネーターへの転職を考えている看護師の方は、非常に多くいらっしゃると思います。そこでさまざまなことが不安に思うことでしょうが、そのひとつに精神的な負担についての不安です。ここでは治験コーディネーターの精神的な部分について紹介をしていきましょう。

一般的に看護師の仕事は、患者さんの命と隣り合わせであり、精神的なプレッシャーというものは、非常に多くかかる仕事として知られています。一方で治験コーディネーターという仕事は、医薬品の開発には欠かすことができない職業だと言われています。常に緊張感というものが必要になってくるのは、看護師とさほど変わらない状況ではあります。

業務の中では、医薬品を投与するということが日常にあるため、ある程度の緊張感は必要になってくるでしょう。ただし、命に関わるトラブルというものは、100パーセントとは言いませんが、ほとんど起こることは考えられないため、病院における緊張感よりはかなり軽いものと言えるでしょう。

病院における患者さんと看護師という立場のコミュニケーションとは違い、治験コーディネーターと協力してくれているボランティアの患者さんという立場になります。このことは決して忘れてはならないことです。きちんとした説明責任というものがあり、それが不十分であった場合、治験行為そのものに高い不安というものを感じ、治験に対して辞退を申し出るということも考えられるのです。

こうなってしまうと、治験業務には必要である一定数を確保することができませんから、治験業務に支障をきたすことになってしまうわけです。こういった説明不十分による辞退が起こってしまったらというプレッシャーはあるでしょうが、それもそこまで大したプレッシャーにはならないものだと言えるのです。

治験で使用される新薬というのは、事前に動物実験などにおいて、十分に安全性が確保されているものであり、投与の前に不測の事態が起こるという可能性も、医薬品の開発技術が進歩している現代では、はっきりいって起こり用がないため、安心して業務を行っていくことができるのです。入院患者さんであれば、本人のストレスの受け皿になるという必要があったり、家族から途方もないような要求をされるというようなこともあり、看護師にも多大なストレスがかかるものですが、治験コーディネーターの場合には、そういったものがありませんから、随分と精神的負担は軽い職業であると言えるでしょう。




Copyright (C) 2013-2017 治験コーディネーター看護師求人<※人気サイトを徹底比較> All Rights Reserved.